10万円以下のメンズブランドバッグを買うなら

※ 当ページに掲載されているバッグは10万円以下のバッグです。

※当ページに掲載されているのは10万円以下に限定してブランドバッグです。

学校を卒業して急にビジネスバッグが必要になった、などなど人それぞれの理由でなんらかのバッグが必要になる場合がございますが、普段からバッグやブランドに注目している人はともかく、それ以外の方はいきなりバッグと言われてもどうして良いかもわからなくなる事があります。値段も思いのほか高い場合が多く、少し悩んでしまう場合があると思います。果たしてこのバッグは普段自分が着ている洋服に合うのか合わないのか、という点も非常に重要で、バッグひとつでその人の普段の印象がぼてぼてっとした印象になったり、スマートになったりしますので、男性は特にスーツでもノーネクタイやクールビズに、目上の方との対談でのあいさつにコートは着るな、など意外とうるさい事が多いですが、自分の周囲の環境とその時に状況に照らし合わせて様々なバッグを選んでみようというサイトもそうそう多いと言えない事からも、こういった一気にいろいろ見れるページを設けさせていただきました。ヴィトンにエルメスにアルマーニ、一体どれを選べばいいのかと思う男性も多いかと思いますが、外見のフィーリングと単純な予算から選ぶのもよろしいかと思います。

現在のファッション業界は様々なブランドがございますが、日本がバブル崩壊したとき、海外から日本の体力がない企業を買い漁ったハゲタカファンドという投資銀行の人々が日本に押し寄せ、日本企業を次々と買収していきました。俗にいうM&Aですが、これは事情は違えどファッション業界も似たような状況になっており、中でも特に人気なブランドであるのがヴィトンを所有するLVMHです。ファッション業界の大ボスヴィトンの首を狙う各ブランド会派のマフィア映画やヤクザストーリーに似たものを感じてしまいますが、現実はこのLVMHが世界の有名ブランド各社の株を大量に保有しており、ファッション業界の世界覇権ブランドと言っても良いかもしれません。このLVMHの傘下にあるのはロエベ、セリーヌ、クリチャンディオール、ケンゾー、ジバンシー、マークジェイコブなど世界的に名の知られたブランドが傘下に収まっております。バッグ以外でもワインのドンペリニヨンや時計のタグホイヤー、ウブロ、ゼニスと、相当なブランド価値のある名前が並んでおり、まさにファッション業界の大ボスがルイヴィトンになっているといった状況です。

そこに抵抗している代表格がエルメスと言った印象が強く、今でも比較的富裕層から非常に強い支持を得ています。エルメスは歴史もありマイペースですでに世界的に著名な人々からあいされている高級バッグではヴィトンと並んだ二大巨頭と言った感じですが、ヴィトンは次々と買収して勢力を拡大し、やろうと思えばそれらブランドの技術の結晶をヴィトンに集中させてしまおうという事も出来るのですが、それでは今までブランド各社が作り上げ、その時間をかけて作り上げてきた支持層も傘下のブランドは失いかねない事になるため、ヴィトン自体も一気に世界中の支持を失う事になりかねませんが、個人的には小さいブランドも大きいブランドも、新興ブランドも老舗も、それぞれの個性をつぶさないようにお互いを支えあう運営をヴィトンにはしてほしいと願う次第です。

また、最近でも若者の芸術家や技術者たちが我も我もと自分のブランドを作るために日々様々な訓練に磨きをかけています。時計業界で言えばフランクミュラーは一人の天才から生まれた新しいブランドですが、世界的な人気もあり、クレイジーアワーなど非常に個性的で代表的な商品も確立しています。アクセサリー業界もクロムハーツを筆頭に次々と若い芽が出てきているでしょう。今後生まれてくるブランドの興亡も非常に楽しみにしている次第です。