0

ロイヤルファッション対決5選

ロイヤルファッション対決5選
https://www.harpersbazaar.com/jp/celebrity/celebrity-fashion/a29837587/royal-fashion-191119-hb/

どんなブランドを着て、どんなジュエリーをつけていたか、王室メンバーのファッションはいつだって世界中のファンからの注目の的。誰もがお手本にしたくなるような彼女たちのファッションといえば、上品でいながら、どこか華やかさも兼ね備えたコーディネート。でも時には同じブランドに目を向けていて、デザインやシルエットがかぶってしまうこともあるみたい!その姿をみたら「あ!」っと思わず漏らしてしまうかぶりルックをプレイバック。
引用以上
 

王室のファッション比較記事です。欧州だけで10家もの王室があるが、ファッションから何から比較されるのも神経が疲れるのではないだろうか、とはいえ、そこは民衆も気になるところである。
かつてはイギリスだけでもスコットランド、ウェールズ、アイルランドと分裂しており、その個々も統治者が居た。ドイツにもフランスにもロシアにも王家が存在し、現在の欧州ではイギリス、オランダ、スペイン、ベルギー、デンマーク、ノルウェー、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクと小国も含め10家だが、それでも昔の方が多く、その王家のほとんどが血縁で繋がっていたが、フランス革命やロシア革命などによっていくつもの王室が消滅している。

王室と言えば王子や姫君と言った印象があり、童話や昔話に登場して子供心に憧れの対象となっている存在でもあるが、実際の歴史を紐解いていくと、その現実は悲惨な話も多く存在する。ロシア革命で消滅したロマノフ王朝のロマノフ家も、民衆を虐げる存在であったため、その最後は悲惨なもので、銃殺されているが、アナスタシア姫は銃殺を逃れてアメリカなどへ逃げたという話も存在する。朝鮮や中国の王や皇帝の最後も憐れなものとなっているが、幸いにも日本の天皇という存在は国民から親しまれる善政を布いた事が比較的に多かったのではないだろうか。武力で領地を統治する事を日本では古くから「うしはく」と言い、日本の天皇の統治方法を「しらす」と言って、有名な「民のかまど」と言ったいつわもあり、その逸話の題材になっている仁徳天皇は、仁義と徳のある天皇として国民から親しまれ、その陵墓である仁徳天皇陵は世界最大の面責を誇る。

日本の天皇はその昔、日本が戦争で負けた事から多くの誤解を受けているが、実は昭和天皇はご自分の人生で、自分の意思で命令した事は2度しかない、226事件の終結と、大東亜戦争の終結である。戦前の日本も明治維新によって近代化したが、外国の列強から不平等な条約を結ばされた、それは当時の日本は憲法も無く、何かしらの条約を結んでもそれが守られる担保がないとして、不平等な条約を結ばされており、明治天皇は、早く平等な条約を結んでもらえるようにと明治の元勲たちに岩倉使節団を作らせて外国を学ばさせて憲法を作り、やっと諸外国との平等な条約を結ぶ事を可能にさせたため、天皇は戦前からも憲法を大事に守ってきたのである。それらの事情を知っている昭和天皇も、憲法を大事に守ったために、政治的な決断は議会を最も重視して、議会での採決に対して法的には天皇は許可を与えるだけの存在であった。民のかまどの時代と同じく、戦後の日本は食料も無かったため、天皇はマッカーサーに掛け合い、その時持っていた有価証券をすべて差し出し、それと食料を提供させたことで、現代の民のかまどの逸話と同じ行動を取った。

そんな日本の皇室の統治方法を「しらす」と言うため、天皇は人々に好まれ大切にされてきた。その日本の皇族たちもファッションは注目されており、美知子様や希子様に雅子様と国民は喜び歓迎した。
余談になるが、世界には王室も皇室も無くなってしまった国々が多く存在するが、日本の皇室や世界の王室に憧れている人々も多く居るために王室の復活を計画している国々も多いという、そんな中で日本には反天連などを始めとして、日本の大事な文化を破壊しようと活動している活動家たちも多く居る、最近話題になっているのは女系天皇だが、天皇というのは男系の血筋を継承しているから天皇なのであって、この血統を受け継いでいない人間が天皇になった事は無い、例えば有名な三国志では漢王室存在していたが、それを代々受け継いでいたのは皇帝の男系の血統を受け継いだ人だけであって、よその男系の血を持った人が皇帝になって居れば、漢王室ではなく、その他人の男系の王室となり、漢王朝は滅亡するのである。よって日本の皇室も女系で継承をすれば大和王朝の終焉を意味するのであって、それは最早日本ではなくなると言える。男系の女性天皇であれば王朝が廃止になる事はないが、女系であれば男性であっても天皇とは言えないのであって、国民は女性天皇と女系天皇をよく理解して今後の決断をしてほしいものである。