0

ファッション特化の求人サイト「READY TO FASHION」登録ユーザーの好きなブランドTOP20を発表!

ファッション特化の求人サイト「READY TO FASHION」登録ユーザーの好きなブランドTOP20を発表!
株式会社READY TO FASHION(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:高野聡司)は、ファッション・アパレル業界特化の求人サービス「READY TO FASHION」の登録ユーザー約15,000人の登録プロフィールを分析し、「好きなブランド」TOP20をランキング形式で発表いたします。
READY TO FASHIONは、登録ユーザーのうち20代の若手ファッション人材が75%を占めています。(2019年11月時点)
2019年の締めくくりとして、ユーザーが登録できるWEBプロフィール(履歴書)を解析し、「好きなブランド」をランキング形式で発表します。
1位:ZARA(ザラ)
2位:GUCCI(グッチ)
3位:Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)
4位:COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)
5位:Maison Margiela(マルタンマルジェラ)
6位:BEAMS(ビームス)
7位:UNIQLO(ユニクロ)
8位:ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)
9位:TOGA(トーガ)
10位:Sacai(サカイ)
好きなファッションブランドのランキングだそうです。私はもっぱらユニクロで簡単に済ませる事が増えてしまいましたが、以前はオフシュアーやフレッチャーなど、サーファーが多い地域に住んでいるためそのような恰好をする事が多くありました。インターネットが発達して、専門店へ行かなければなかなか購入する機会も無かったブランドの洋服がずいぶん入手しやすくなった気がします。普通に暮らしていればロンジンやブライトリングと言った時計などもどこで買ったら良いかわからない状況でしたが。ここ20年でずいぶん便利になったものです。
自分の予想ではシャネルやヴィトンがもっと上位に着ているかと思ったのですが、意外にも10位にもランクインしていない模様、これはなかなか意外でした。自分が若いころは町のどこへ行ってもシャネルやヴィトンを持った女性を見て居たものですが、どうやらブランドを気にせず生活したら世代がすっかり変わってしまったのでしょうか。エルメスも入っていませんね。比較的安価で購入できるブランドが増えたのではないかと感じます。このようなところにも社会の景気が影響しているのでしょう。今年は消費税も増税したため今後の売り上げはさらに落ち込む気配です。大規模な財政出動でもしなければどんどんまた景気が悪化するような気がするのですが如何でしょうか。